信頼の証。 〜地域社会が求める仕事を続けて〜

創業は明治初期。私たちは、長年の清掃事業の経験を元に、東京23区・家庭系廃棄物の清掃事業に携わる、一般廃棄物・産業廃棄物の処理業者です。

時代とともに変化してきた地域環境、社会情勢…。
「環境を考えるやさしい企業」をコンセプトにそれらを地域社会とともに歩み、ともに成長してきた歴史は、信頼に応えてきた証であり、当社の何よりの財産です。
これからも行政や地域社会から必要とされる企業であるために…。
常に信頼に応え続け、資源のリサイクル化の推進など、社会に貢献する企業としての自覚と責任を忘れることなく企業活動を行ってまいります。

日盛運輸3つの特長

当社の創業は明治初年。明治44年に初代日本環境保全協会会長の宇田川棲が事業を引き継いで東京市の清掃請負業者となり、昭和28年には日盛運輸株式会社を設立。平成5年に本社を江戸川区篠崎に移転し、現在に至るまで、清掃事業一筋に邁進し続けてまいりました。

長年にわたり行政と取引のある当社は、法規やモラルを守りつつ、常に「信頼」の二文字を大切にしながら資源循環型社会に貢献しています。

廃棄物の収集運搬業務に加え、当社ではペットボトル・スプレー缶等の中間処理を手掛けています。
自社のエコセンターに専用処理装置を備え、使用済スプレー缶やライターを処理することによって、より多くのニーズにお応えしています。

  • ペットボトル処理の流れ
  • スプレー缶・ライター処理の流れ
  • 環境への取組み
  • 運輸安全マネジメント
  • 許可証及び認定等
  • 産廃エキスパートECE